多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方相談は

新着情報

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方相談は

今年は花粉や黄砂などアレルギーが強かったですね
私も目の周りが痒く、一時的にお肌が弱っていたので・・

ユイットラボラトリーズさんのリスブラン化粧品センシティブライン(ノンEシリーズ)で洗顔したり化粧水を付けたりと敏感肌対策をしています
(ユイットさん商品は店頭購入限定のキャンペーンや特典があり、かなりお得です。ぜひ店頭でお買い求めください)

ノンEシリーズは赤ちゃんでも使えるお肌に優しいスキンケアなので、お子様のアトピーにも推奨してます

 

妊活のお話ですが、最近病院で「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と診断される方が多いようですので漢方についてもお伝えします

トップ画面にも記載していますが→こちら

よく例に挙げられているような肥満タイプや毛深い体質の方は意外と少なく、若くて華奢なタイプで生活習慣やストレスなどで女性ホルモンが乱れてしまっている方が多い気がします

特徴としてホルモンのLH(黄体形成ホルモン)が高く、排卵検査薬をしても数日陽性反応うっすら出るためいつ排卵日か分からないという方がいらっしゃいます

また、このタイプの方は排卵日が不規則で場合によっては無排卵の状態で次の月経が始まることもあり、病院では排卵をサポートするためホルモン補充をしたり月経を起こすためにリセットをすることもあります。

自然周期を目指す方でも、ホルモン補充をすることで卵が複数排卵してしまう可能性もあるため多胎児のリスクになりハイリスク妊娠になるため、残念ながらその周期はタイミングをとらないように指導されることも稀にあります。
このように複数排卵しそうな方はステップアップして体外受精をお勧めされることが多いです。

漢方では、ホルモンバランスの乱れ(PSOSは男性ホルモンが多くなると言われています)の原因を整えつつ、卵巣内で卵子が育ちやすい環境に向け

①血流が悪い方や中医学でいう「腎」が弱いタイプ

②自律神経バランス(ストレスがあると排卵障害になりやすい体質の方)

などの体質を見分けて整えながら卵が育ちやすい環境を整えるようにしていきます

PCOSと言われてホルモン治療をしたものの、排卵が乱れたため治療をお休みしている間に自然妊娠した方もいらっしゃいますので不安な方はぜひご相談くださいね

↓久しぶりに春のハイキング
その季節でしか見られない植物を楽しめていい癒しになりました

↑あせものシーズンに人気のローション「女取水」の主成分「ユキノシタ」

 

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方相談は